農業共済新聞

農業共済新聞とは?
NOSAIでは、週に1回、農業の専門紙である「農業共済新聞」を発行しています。農業情勢や農業の新技術の紹介、北陸3県の情報を満載して、毎週水曜日に発行をしています。
最新号バックナンバーご購読のご案内
ご購入のご案内はこちら!
NOSAI福井のオリジナルキャラクターグリンちゃん
最新号
□■□■2018年2月2週号 原木でジャンボシイタケ■□■□
*** 納得の大きさ、品質 ***

「おすすめ食べ方はグリルの塩焼き」と話す松田さん
大野市阿難祖領家で原木シイタケ栽培を50年続けている松田椎茸園(代表松田由美津(よしみつ)さん・88歳)では、ジャンボしいたけの栽培に成功。かさの直径が8a以上、厚さ3a以上、巻き込みが1a以上の基準を満たすものを新ブランド「結(ゆい)の寿(こどぶき)茸(たけ)」と命名し、昨年12月より本格出荷をしている。
松田さんは、近年、ジャンボしいたけの需要が多くなってきたことをきっかけに、多くが菌床栽培をする中、2012年より原木栽培での栽培にチャレンジ。
奥越産のコナラなどの原木を用いて、さまざまな品種や生育期間などの試行錯誤を重ねてきた。結果、冬季の低温で約1ヵ月をかけゆっくり生育させることで、納得のいく大きさと品質のものができた。
一日に多くて20本しか採れないこのシイタケは、肉厚で食べごたえのあるサイズでありながら、味わいは上品で香ばしく風味豊か。
松田さんは「普通は固くて食べない石づきからかさまでの部分だが、軟らかく歯ごたえもあり一番おいしい」さらに「今季からの出荷のため流通量は少ないが、多く採れるよう工夫を重ね、たくさんの方に自慢のシイタケを味わってほしい」と話す。
「結の寿茸」は冬季限定販売で、同園のほか同市内スーパーでも販売されている。
「結の寿茸」奄ニ通常のシイタケ
最新号バックナンバーご購読のご案内
地域情報&「北陸版」バックナンバー
農業共済新聞には、北陸3県の情報が掲載されている「北陸版」があります。この「北陸版」には、福井県内の意欲的に農業に取り組む人たちや、各地域で行われた活動などを取り上げ、紹介しています。
そこで「北陸版」で紹介されたこれまでの記事を中心に、新たな情報も加えて、このホームページ上で紹介していきます。
バックナンバーリスト
2018年2月2週号 マイライフ
2018年2月1週号 ハス葉 多彩な加工品に
2018年1月4週号 冬季のブドウハウスを有効活用
2018年1月1週号 頼もしい担い手たち
2012年12月2週号 自家産蜂蜜を直売
2017年12月1週号 
2017年12月1週号 備え 私の選択
2017年11月4週号 町産大豆で豆乳ヨーグルト
2017年11月4週号 マイライフ
農業災害補償制度 70周年記念 書写全国コンクール NEW
2017年11月2週号 産地化へ一歩ずつ
2017年11月1週号 夢ふくらむ6次産業化
2017年10月 農家仲間と勉強会や情報交換
2017年10月2週号 地元スーパーと販売契約
2017年10月2週号 マイライフ私が輝くとき
2017年10月1週号 わが家のおすすめレシピ
2017年9月4週号 食の大切さ 伝えたい
2017年9月2週号 安定した周収入目指す
2017年9月1週号 日頃の備え万全に
2017年8月4週号 遊休農地に牛放牧
2017年8月4週号 マイライフ
2017年8月2週号 獣害ゼロhr行動あるべし
2017年8月1週号 学び考え行動頑張る高校生
2017年7月4週号 自家産品でスイーツ
2017年7月2週号 シカ害解消に向けて
2017年7月2週号 マイライフ
2017年7月1週号 コシヒカリを超えてゆけ
2017年6月4週号 ご愛読者プレゼント
2017年6月2週号 伝統の味をもっと広めたい
2017年6月1週号 獣害ゼロへ
2017年5月4週号 地元食材を使ってアイデア料理
2017年5月4週号 マイライフ 
2017年5月2週号
2017年5月2週号 
2017年5月1週号 家族の絆
2017年4月4週号 旬な北陸人
2017年4月4週号 側条施肥技術で高品質を確保
2017年4月2週号 ナシ栽培にまい進
2017年4月2週号 マイライフ 私が輝くとき
2017年4月1週号 これが俺の新天地
2017年3月4週号 おおい町・イチゴ農園「いちごめぐり」
2017年3月4週号 みんなが集う場に
2017年3月2週号 防草シートの固定用ピン
2017年3月2週号 未来を拓く農業人
2017年3月1週号 経営に役立つ最新農業研究
2017年2月4週号 旬な北陸人
2017年2月2週号 生態知って確実に捕獲 
2017年2月2週号 未来を拓く農業人
最新号バックナンバーご購読のご案内